効果的な方法があるので確実に膣引き締めができます

感度UP

失われたものが戻ってくる

出産が原因

セックスレスの原因は様々ですが、カップルのセックスの頻度が少なくなってしまう原因としては、出産が挙げられます。
赤ちゃんが産道を通る際には、かなりの圧力が母体にかかってきます。それが影響して、筋肉が分断されてしまったり、伸びたまま縮まなかったりするのです。

加齢によるもの

また、加齢もセックスレスの原因です。男性なら性欲が減退していくという問題があります。
女性は膣壁の厚みが減り、膣圧が低下してしまいセックスをしていても楽しくないという問題が発生するのです。

戻すことができる

このように加齢や出産で失われてしまった筋力や膣圧は、もう二度と戻らないのでしょうか。
そうではありません。今では婦人科形成外科で治療をすることや、膣圧のトレーニングをすることで、セックスレスは効果的に解消することができるようになっています。

膣トレ・膣縮小手術で知っておいた方が良いこと

痛みはほとんどない

手術中に痛くならないように、手術前に麻酔を行なうので痛みを感じることはありません。手術後には多少痛みを感じますが、これも今ではメスの選択次第で痛くならない人もいるとのことです。注射や高周波であれば痛みは感じません。

料金の相場は施術次第である

外科手術を希望する場合、膣縮小手術の相場は20万円程度と覚えておきましょう。病院によって料金に薬が含まれているところもありますが、内訳が変わるので注意です。また、レーザーや高周波だと10万円で受けられます。

傷跡の心配をする必要はない

膣縮小手術は婦人科形成外科で行なうことができますが、施術を受けたことをバレたくないという人もいます。そういう方は傷跡が残らないか心配ですが、回復しやすい粘膜部分ですし、切開の幅も小さいので目立ちません。

効果の持続期間も施術によって違う

効果がどれだけ違うのかというと、これは施術の内容によっても違ってきます。半永久的な効果を得たい人は少し割高ですが外科手術が適しています。ヒアルロン酸注入だと二年程度で身体にヒアルロン酸が吸収されてしまいます。

病院を選ぶときは実績の数で選ぶ

もし病院で膣引き締め効果のある施術を受けたいのであれば、良いクリニックを選ぶことになります。このとき、女性医師がいる病院が良いと思う人もいますが、単純に技術だけを求めるのであれば症例数や実績数で選びましょう。

女性医師は必然的に多い

やはり女性特有の性器のことなので、女性医師でなければ相談しにくいという人もいます。婦人科形成外科はその性質上、女性医師がとても多いところなので、少し探せば必ず近くの地域で女医がいるクリニックを見つけられます。

コンプレックスは早めに解決

自分の身体にコンプレックスがあったとしても、少し考え方を変えるだけで悩みが解消する場合があります。そうであるとはいえ、身体の悩みは解決しにくいです。問題がある場合は「本当に手術をする必要があるのか」などを十分に検討しましょう。

広告募集中